軽井沢のアトリ

f0372177_21103848.jpg
今年最初のバードウォッチングに出かけて来ました。昨年末にひいた風邪が長引いて、いまだに咳がでる状況ですが、1月6日(土)から8日(月)までの三連休は、遠出をする絶好のチャンスです。目的地は軽井沢としました。1日目は野鳥の森を歩き、2日目は小瀬林道を歩いて冬の野鳥を探して来たいと思います。オオマシコが出てくれたら嬉しいところです。二泊三日の予定を立てましたから、ついでに近くの小根山森林公園の様子も見て来たいと思いました。上信越道の横川サービスエリアで車中泊をすれば、そこから直接小根山森林公園に歩いて行かれるルートがあるということですから、帰りがけに立ち寄ってくるにはちょうど良いポイントになりました。
f0372177_21105054.jpg
軽井沢野鳥の森は、昨年7月にも訪問していましたが、その時はオオルリをはじめキビタキ、コルリ、ノジコなどの夏鳥達の歓迎を受けることができて、とても良い探鳥地だという印象を受けていました。今回はオオマシコなどの冬鳥を狙ってみたのですが、予想外に野鳥の数が少ない状況でした。
f0372177_21104575.jpg
野鳥の森の中西悟堂の銅像の前を過ぎて小瀬林道に入ると、林道脇に何ヶ所か車を止めるスペースがあります。そこに車を止めて、ピッキオで野鳥情報を聞いたところ、まだオオマシコは入っていないとのこと、ちょっとガッカリです。
f0372177_21110248.jpg
ピッキオ情報では、アトリ、ベニマシコ、マヒワ、イカルなどが入っているとのことでした。でも野鳥の森の中をくまなく歩き回っても、アトリの群れと遭遇しましたが、その他の教えてもらった野鳥にはとうとう出会うことが出来ませんでした。
f0372177_21102526.jpg
野鳥の森のアカゲラ休憩所から鶴溜に至る散策路を歩いていたところ、樹上をパラパラと飛び交うアトリの群れを見つけることが出来ました。鳥影が薄い状況でしたから、嬉しい撮影対象になりました。
f0372177_21103187.jpg
今シーズン、アトリを観察したのは昨年11月最後の週末で、雪が降る前に訪れた奥日光でのことです。その時の写真は “アトリ活き活きの奥日光” として紹介していますから参照してください。野鳥の森では、それ以来の嬉しい再会となりました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2018-01-12 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 野鳥の森のアオゲラ ひっそり出てきたアオジ >>