泉門池のカワガラス

f0372177_22234724.jpg
朝夕の気温が下がって、日一日と寒さが増してくるこの頃です。2年ほど前から、冬の時期は帽子を被って通勤するようになりました。年とともに頭の上が薄くなって、寒さが堪えるようになってきたからですが、帽子を被るだけでもかなり温かさが違います。通勤用の帽子も、登山用品を扱っているモンベルストアで購入したものですが、ウールツイード センタークリークハットというもので、色はタン(こげ茶色)のものを選びました。自分では結構気に入っていて、今では仕事で外に出掛ける時にも被るようになりるほど、手放せないものになりました。
f0372177_22235148.jpg
野鳥観察に出掛ける時は、夏も冬も帽子は必需品です。冬の今の時期はやはりタン(こげ茶色)のウールツイードハットをかぶって出掛けますが、先日、厳冬期用に耳当ての付いたクリマプロハットというものを購入しました。まだ未使用ですが、耳が痛くなるほど冷え込んだ時には強い味方になってくれそうです。
f0372177_22235919.jpg
さて、今回紹介しているのは、11月26日~27日にかけて足を運んだ、奥日光で撮影したカワガラスの写真です。戦場ヶ原の木道を歩きながら湯滝へ向かう途中、泉門池(いずみやどいけ)での出会いとなりました。
f0372177_22240352.jpg
泉門池は、山肌からきれいな水が滾々と流れ出して、湯川に注ぎ込んでいます。合流するところが大きな池となって、綺麗な水をたたえています。少し深さがあると思いますが、カワガラスは泳ぎながら潜水を繰り返して、餌を獲っているようでした。
f0372177_22240794.jpg
何回も潜水を繰り返しながら、川底にいる水生昆虫などを捕まえているのでしょう。時折この苔むした倒木や、岩に留って休むこともありましたが、冷たい水の中もいとわずに、元気いっぱいの姿を見せてくれました。
f0372177_22241107.jpg
奥日光に足を運ぶたび、この場所では何回もカワガラスの写真を撮影しています。カワガラスにとっても泉門池は、餌が獲りやすいく、安全な生活環境が維持されているものと思います。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-12-06 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 登友会12月定例登山@棒ノ嶺 奥日光のコガラが元気でした。 >>