船橋海浜公園のウミネコ

f0372177_23154896.jpg
立冬を過ぎて、日1日と季節は冬へと向かっています。仕事を終えて日が暮れた街中の道を駅へ向かって歩いていると、途中にあるスーパーマーケットの店の前から、石焼き芋の美味しそうな匂いが漂ってきました。ちょうどお腹が空いてくる時間帯ですから、思わず引き寄せられそうになりますが、ホクホクして美味しそうな石焼き芋を思い浮かべながら、ここはグッと堪えて先へと足を進めます。このスーパーは、毎年冬になると店頭で石焼き芋の販売を始めますが、美味しそうな匂いにつられて足を運んでしまうのは、私だけではなさそうです。今夜の夕飯は、石焼き芋だけでも良いと思うくらいですが、カミさんが作ってくれる料理が美味しいと褒めながら食べないと、きっとまたブツブツと言われてしまうことでしょう。我が家の山の神様ですから、それなりに敬意を払わなければなりません。
f0372177_23155075.jpg
仕事を終えて家に帰ると、近くに住んでいる娘が孫娘のちぃちゃんと一緒に待っているはずです。我が家で夕飯を食べてから、自分の家に帰り、帰宅が遅いパパを迎える毎日ですから、そのお陰で私は毎日孫の顔を見られます。
f0372177_23152144.jpg
今夜の夕飯は、カミさん手作りのグラタンでした。石焼き芋と言うわけにはいきませんが、これはこれでまた美味しいメニューです。1歳8ヶ月の孫娘も、小さい器のグラタンをペロリと完食していました。
f0372177_23154221.jpg
さて、今回紹介しているのは、三番瀬(船橋海浜公園)で撮影したウミネコです。11月4日(土)に行ってきましたが、潮干狩りなどそんなに多くの人は出ていなかったので、撮影はしやすい環境でした。でも、シギチを狙うカメラマンは、ついつい接近し過ぎて飛ばしてしまう状況が目に付きました。
f0372177_23153855.jpg
シギチの撮影がメインでしたが、ウミネコも大きな群れを作って干潟に降りていました。寝ている個体が殆どでしたから、近くで動き回っているウミネコを狙って撮影してきました。
f0372177_23154529.jpg
手前にはハマシギの群れが見えます。ミヤコドリやコサギも集まる群れの中に、ウミネコも羽を休めていました。撮影対象には事欠きませんが、何分にも大変広い干潟ができていましたから、歩き回って撮影するのに疲れてしまいました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-11-11 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 渚のダイゼン@三番瀬 三番瀬にいたミユビシギ >>