三番瀬にいたズグロカモメ

f0372177_21322819.jpg
地球温暖化の影響で、各地に異常気象が記録されていますが、日本でもこれまでにないほどの大雨が降ったり、台風も大型で強い勢力を持ったまま日本へ襲来し、その都度大きな被害が発生しています。今後何らかの対応をしなければ、さらに温暖化が進み、今以上の被害が発生する恐れがあるようです。世界中の国々が、それぞれ出来る対策を打って貰いたいものですが、我々も身の回りでできる温暖化対策を心掛けていく必要がありそうです。小さなことの積み重ねが温暖化を防止するためには大切なものになると思います。子供や孫の世代からもっと子孫の世代まで、住み難い環境を残さないように、今から心掛けていきたいと思います。それが今生きている我々の責任であるとも思います。
ちょっと大きく構えた書き込みになってしまいましたが、今日はウォーキングをしながら、ふとそんな思いが浮かびました。
f0372177_21323463.jpg
さて、今回紹介するのは三番瀬(船橋海浜公園)で撮影したズグロカモメの写真です。三連休の中日になる11月4日(土)に、海辺の野鳥を撮影しようと出かけた時に見つけたものです。遠目にはユリカモメと思ってあまり気にしていませんでしたが、近くで見たらズグロカモメでしたから、慌てて撮影対象になりました。
f0372177_21324466.jpg
ズグロカモメは見てのとおり、くちばしが黒色をしていますから、これがユリカモメとは決定的に違う識別ポイントになります。また、個体数も少ないですから見つけるとすぐに撮影対象となります。
f0372177_21324049.jpg
三番瀬の広い干潟の上を飛び回り、ヒラリと反転したかと思うと砂浜に舞い降りて、小さいカニを捕まえていました。これがズグロカモメの大切な食糧源になっているようです。
f0372177_21324825.jpg
この日はシギチの写真を撮るのが一番の目的でしたが、このズグロカモメは思わぬ副産物になりました。でも、こういった予期せぬお土産ができることが、野鳥観察の楽しみでもありますね。また次の楽しみを探し回る意欲が湧いてきました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-11-09 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 三番瀬にいたミユビシギ ハマシギが一杯の三番瀬 >>