三毳山のチョウなど

f0372177_21501859.jpg
通勤電車の中から外を見ていたら、紅葉した樹木が目に付きました。あれはサクラだったでしょうか、それともハナミズキでしょうか?確認することはできませんでした。いつものように3駅前で下車して職場までのウォーキングの道すがら、植えられているポプラの街路樹はまだ緑の葉を付けていました。でも途中の歩道橋の脇に植えられているモクレンの木は、少し黄色く色づき始めていました。
今朝は、愛犬チョコちゃんのお散歩に付き合って来ましたが、公園の柿の木には赤く色付いたカキの実が目立ちます。木の葉も紅葉に変わりつつありました。都内の木々の紅葉が始まり、次第に秋の気配を感ずるようになってきました。もう11月ですからこうした変化は当然のことですが、紅葉という目に見える変化が出て来ると、秋が深まりつつあることを実感させられます。季節の進みは早いですから、木枯らしが吹いて落ち葉が舞い散るようになれば、冬の到来は時間の問題で待ったなしです。
f0372177_21511912.jpg
雨模様で不順な天候が続いていた先週末、僅かな曇り空の時間を利用して、栃木県の三毳山へ秋の自然観察に出かけて来ました。今回は、そこで観察したチョウの仲間を中心に紹介したいと思います。
f0372177_21504814.jpg
翅の表側が綺麗な青色のシジミチョウを見つけました。ルリシジミかなと思ったのですが、翅の縁の黒褐色の斑の出方や、裏面の斑の模様からヤマトシジミであろうと思われます。
f0372177_21514872.jpg
秋の気配が濃厚となって来ましたから、チョウの仲間も冬の到来を前に、僅かな時間を惜しむように活動しているようです。ここでは、割合近いところに止まってくれました。
f0372177_21521895.jpg
三毳山公園は青竜ケ岳(標高229m)と中岳(標高210m)の2つの山を含む広大な公園です。東駐車場に車を止めて、山を越えた西側の万葉庭園まで足を伸ばしたところ、セイタカアワダチソウで翅を休めていたイカリモンガを見つけました。前翅のオレンジ色をしたイカリ型の模様が名前の由来になっています。
f0372177_13300393.jpg
西口の万葉公園の中にとても見事なホトトギスの花が咲いていました。これはもう撮影するしかないと、カメラを構えて夢中になってシャッターを押していると、その葉に留まっていたツユムシが見つかりました。
f0372177_14114977.jpg
上で紹介しているチョウの写真はオリンパス E-M1mkⅡ + M.300㎜F4 + MC-14 で撮影していますが、このツユムシの写真はオリンパス E-M1 + M.12-40㎜F2.8 で撮影したものです。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-11-05 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 三毳山で秋の山野草観察 公園にいたヤマガラ >>