大原漁港のウミネコ幼鳥

f0372177_23063789.jpg
7月最後の週末は、山登りをしてこようと思っていたのですが、直前に天気予報が変わって、悪天候が予想されました。高山植物などの撮影をしようと思っていたし、第一雨に降られては山登りも楽しくありません。それではどこか天気の良いところはないものかと探してみたところ、太平洋側はおおむね晴天のようです。それならば、少々暑いのは我慢して、房総半島の南側の様子を見てこようと行ってました。でも、7月の第2週に九十九里浜を飯岡漁港から一宮川河口まで走ってきて、海鳥などを探しましたが、暑いばかりで大きな成果がなかったですから、今回はもっと南側の太東岬の周辺から鴨川まで走ってきましたが、やはり暑いばかりでした....。
大した成果は上げられなかったのですが、撮影できた写真のうちから、今回は大原漁港で撮影したウミネコ幼鳥の写真を紹介します。
f0372177_23064131.jpg
海岸沿いは日陰などありませんから暑いばかりです。大原漁港の堰堤の先まで行ってみましたが、浜辺には海水浴客とサーファーの姿ばかりで、野鳥の姿は見えません。汗をかきながら戻ってくると、船揚場のスロープのところに、数羽の野鳥の姿を見つけました。
f0372177_23064693.jpg
それがこのウミネコでした。全身暗褐色の羽で覆われていますから、今年生まれの幼鳥であることはすぐに分かりました。付近に成鳥の姿はなく、幼鳥ばかりが4羽です。時折このように翅を広げて伸びをする様子も観察できました。
f0372177_23064924.jpg
外房まで遠征して来たのですが、野鳥の姿はほとんど見つけられません。全くの空振りを避けるため、ウミネコの写真でも....と思って撮影してきたのが今回紹介する写真です。
f0372177_23065335.jpg
それにしてもここにいる幼鳥たちは、こんな漁港の中で生まれたとは思えません。どこで生まれたのでしょうか? そして親鳥たちはどこへ行ってしまったのでしょうか? 沖合へ行ってエサでもとっているのでしょうか?
f0372177_23065621.jpg
暑い暑い漁港の岸壁の上でウミネコの写真を撮りながら、その夜はどこで車中泊しようかと思案に暮れていました。標高の高い山の上なら、どこにいても涼味満点なのですが、海辺にいては蒸し暑さばかりです。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-08-13 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< あっ!オオメダイチドリがいた ノビタキこんな写真も撮れました >>