ノビタキこんな写真も撮れました

f0372177_22204271.jpg
お盆の帰省ラッシュが続く時期に突入しました。山の日の祝日となる8月11日(金)から13日(日)までの三連休は、どこへ出掛けるにも大変な混雑になると思います。でも、それを嫌っていたら、どこへも出掛けられませんから、私もこの連休を利用して、北八ヶ岳ロープウェイを利用して坪庭を巡り、近くの縞枯山(標高2,403m)に登ってくることにしました。高山植物の花が咲いていると思いますが、そろそろシーズンも終わりになりますから、この連休は外せないところです。どんな成果があげられるか、その結果についてはまた、このブログで紹介することにします。
f0372177_22202860.jpg
さて、今回紹介するのは、7月の三連休を利用して足を運んできた奥日光で撮影したノビタキの写真です。この遠征では、野鳥をはじめチョウや山野草の写真がたくさん撮れました。その写真を紹介していたら、早くも1ヶ月が経過してしまいました。
f0372177_22204694.jpg
奥日光へ遠征した結果の紹介は今回で最後としますが、ノビタキについては以前に “戦場ヶ原でノビタキが目前に” で紹介しています。しかし、今回の遠征では思いがけずにたくさんの写真が撮影できました。紹介しきれなかった写真をお蔵入りさせないよう、残りの写真を拾い出して紹介します。
f0372177_22203949.jpg
戦場ヶ原に遠征してきたのは、7月15日(土)〜17日(月)のことでした。その頃は夕方暗くなり始める時間が遅いですから、午後6時過ぎでも望遠レンズを手持ち撮影できるくらい明るさが残っていました。ちなみに、この時使用していたのはオリンパス E-M1 + M.300mmF4 + MC-14 でした。35mm版換算で840mm相当でしたが、カメラとレンズの手ぶれ補正の効果もあって、全くブレない写真を撮ってくることが出来ました。
f0372177_22203428.jpg
この写真を撮影したのは、戦場ヶ原の赤沼から入ってすぐの、木道がV字型に飛び出すように作られた展望テラスのところです。昼間の時間帯はハイカーが多いこともあって、野鳥の姿はあまり見られませんでしたが、夕方5時過ぎになって人がいなくなると、木道の近くまで寄ってきてくれました。
f0372177_22202248.jpg
ノビタキの数の多さでは、以前 “霧ヶ峰はノビタキだらけ” で紹介した長野県の霧ヶ峰高原には及びもつきませんが、戦場ヶ原でも何個体か観察することが出来ました。特にこの時は、どんどん近寄ってきてくれましたから、トリミングしないで紹介できる写真が撮れました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-08-12 06:00 | 自然 | Comments(0)
<< 大原漁港のウミネコ幼鳥 高原のゴジュウカラ >>