コチドリがやって来た

f0372177_22545719.jpg
4月16日の日曜日に登友会の月例登山で上州武尊(標高2,158m)に登って来ましたが、集合場所である川場スキー場へ行って驚きました。スキー客(と言っても殆んどはスノーボードです。)のなんと多いことか。今シーズン最後の雪山登山と思っていましたが、雪があればスキー客が来るのは当然ですね。また、スキー場の施設は8階建ての立派な建物になっていましま。そのビルの6階までは駐車場で7階にリフト券売り場があります。そこからゲレンデにつながる出入り口があってリフトに乗るわけですが、レストランやスポーツ用品店、レンタルショップなどたくさんのお店があり、待合も広々していて快適な環境でした。今の若い人たちは、こんな快適な環境の中でスキーやスノボを楽しんでいたのですね。
話が野鳥観察とは全くズレてしまいましたが、4月2日の日曜日に渡り途中のシギチを見たくて霞ヶ浦周辺へ出掛けて来ました。今回はそこで観察したコチドリを紹介します。
f0372177_22550454.jpg
4月の声を聞くと、田園地帯には渡途中の淡水性のシギチの仲間がたくさん入って来ることでしょう。中にはツルシギのように3月中から姿を見せるものもいますから、春の訪れとともに足を運んで見たいとムズムズしていました。
f0372177_22550031.jpg
ところが、最近は休耕田がめっきり少なくなってしまい、シギチを探す前に休耕田を探すのに苦労するような状況です。田園地帯で車に乗ったまま、結構な距離を走り回ってしまいました。
f0372177_22544780.jpg
やっと見つけたこの休耕田に、コチドリの姿を見つけました。ずいぶん走り回って来ましたから、これはとても嬉しい発見です。農道に車を止めて、車窓から望遠レンズを向けました。
f0372177_22545025.jpg
ここはハス田でしょうか? ハスの枯れた茎が折り重なるように放置されています。その間を歩き回る野鳥の姿が、少し離れた車の中からも目に付きました。車を止めて双眼鏡を当ててみると、そこにいたのはコチドリでした。
f0372177_22545414.jpg
枯れた茎の間を動き回っていますから、撮影するにはAFが上手く合わずに苦労させられます。MFも併用しながらその姿を追って、ここでかなりの枚数を撮影しました。
f0372177_22544360.jpg
コチドリは、この辺りでも繁殖しますから、ほかのシギチ類とは違って夏の間ずっと観察することが出来ます。普通種ではありますが、今シーズン初めての出会いとなりましたから、新鮮な気持ちで撮影して来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-04-19 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
<< ショウジョウバカマが満開でした 春先にウグイスのぐぜり >>