春先にウグイスのぐぜり

f0372177_17232353.jpg
日毎に日足が伸びて、季節の移ろいが実感できるようになりました。春本番迎えて、これからどんどん暖かくなっていくことでしょう。山野草が咲き競い、生き物が活き活きと動き回るのもこれからです。 どこへ出掛けても、躍動するような野鳥の姿が目に付くようになってきました。
先日、渡り途中のシギチ達が渡来しているだろうと、霞ヶ浦の周辺へ出掛けてみましたが、そこで見かけたのがこのウグイスです。これまで冬の間は藪の中に篭りっきりでしたが、春の訪れとともに枝先に出てきて、活発に動き回ってくれるようになりました。
f0372177_17232744.jpg
冬の間は里に降りて茂みの中で、チャッチャッと地鳴きの声を響かせながら、ヒッソリと暮らしています。でも、間も無く繁殖期を迎えますから、これから山へ向かって子育てに励むことになるでしょう。季節によって生活の場所を変えるウグイスは漂鳥です。
f0372177_17233492.jpg
繁殖シーズンを迎えるにあたり、縄張り宣言をしたり、つがいの相手方を探すための囀りが大きな役割を果たします。ところが冬の間は地鳴きだけですから、この時期はまだ上手く囀ることが出来ません。ぐぜりという発声練習を繰り返しながら、次第に綺麗な “ホーホケキョ” の囀りの声を響かせるようになります。
f0372177_17234023.jpg
ここでは、まだ葉が出揃っていない枝の中を、活発に飛び回りながら、盛んにぐぜりの声を響かせていました。ウグイスもジッとしていることが出来ないようです。
f0372177_17234453.jpg
水辺の近くの木立では、こちらでもウグイスが踊っていました。越冬を終えたウグイス達は、春の訪れとともに、間も無く山へと旅立っていくことでしょう。
f0372177_17234809.jpg
竹薮の中から出てきたウグイスが、ここでも下手な囀りの声を聞かせてくれました。活発に動き回り、ぐぜりの声を聞かせてくれるウグイス達の姿に、春の到来を見て取ることが出来ました。

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-04-18 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
<< コチドリがやって来た 春を迎えたタシギ >>