秋ヶ瀬公園の野鳥

f0372177_22260659.jpg
都内の桜は既に散り始めています。季節の流れは止まることなく、どんどん進んでいきますね。特に山野草の観察はこの時期ボヤボヤしていると、見損なってしまう事になりかねません。ところが、先週末は雨がちな天候になってしまい、自然観察に出掛けるには不向きな状況になってしまいました。でも、ジッとしていたらそれこそ後から後悔することになりますから、雨を押してカタクリの花などを見に行ってきました。でも、小雨の降る中での山野草観察では、花が完全に開いてくれませんから撮影向きではありません。残念ではありましたが、こればかりは仕方ありませんね。昼前からは雨も上がってくれましたから、午後からショウジョウバカマやミズバショウ、イワウチワなどなどたくさんの山野草を撮影してくることが出来ました。その結果はまたこのブログで紹介する予定です。
f0372177_22262408.jpg
さて、今回紹介するのは、3月18日の土曜日に撮影した野鳥の写真です。三連休の初日になりますが、日曜日に山登りへ出掛ける予定でしたから、この日は近場で野鳥観察をしようと、近郊の秋ヶ瀬公園へ行ってきました。前回はエナガの写真を紹介しましたが、このコゲラも近くで撮影することが出来ました。
f0372177_22264923.jpg
こちらはシジュウカラですね。この日の秋ヶ瀬公園では、一番たくさん観察することが出来たと思います。ジュクジュクと鳴き交わしながら、藪の中を飛び交っていました。
f0372177_22264504.jpg
たまたま、この個体は梢の上に留まって囀り始めていました。季節はもう繁殖期を迎えようとしています。シジュウカラもつがいの相手を見つけようと囀りを始めるシーズンとなりました。
f0372177_22264178.jpg
個体数は一番多かったシジュウカラですが、♂も♀も同じ羽衣をしています。でも、お腹の黒いネクタイの幅に注目すると、太い方が♂で細い方が♀ですから、これが確認できれば雌雄の識別も可能ですね。
f0372177_22265500.jpg
少し大きめな野鳥が飛んできました。枝先に留まるところが確認できましたから、直ぐに撮影したところ、そこにいたのはこのモズでした。過眼線が黒くありませんから、これはモズの♀であることが分かります。
f0372177_22265888.jpg
モズの♀は、お腹の網目模様も特徴です。これから繁殖期を迎える訳ですが、この秋ヶ瀬公園でも営巣する姿が見られるでしょうか?

[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-04-12 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
<< 田島ヶ原で自然観察 エナガ〜秋ヶ瀬公園にて >>