マヒワが近くに

f0372177_11245942.jpg
先日、栃木市星野町へセツブンソウを見に行った時、四季の森でロウバイとマンサクの写真を撮って来ました。その時の印象として、このブログでも春先は黄色い花が多く見られると紹介しましたが、今回紹介するのは春先に出て来た黄色い鳥になります。四季の森から車で10分ほどの所にある、出流ふれあいの森で撮影してきたマヒワの写真です。今シーズンはあまり見る機会が無かった鳥ですが、この日は長いこと近くの枝に止まってくれて、しばらく撮影対象になってくれました。でもまさか、ここで撮影できるとは思ってもいませんから、見つけた時の嬉しさはひとしおです。
f0372177_11250126.jpg
マヒワは、頭部の黒いベレー帽が印象的な姿をしていますが、顔面から背面にかけては黄色が勝る色合いの綺麗な野鳥です。冬鳥として観察できますが、私が出会う機会はあまりありません。
f0372177_11250683.jpg
この日は、午前中に四季の森でセツブンソウなどの観察を済ませ、午後から何処か近くで野鳥観察をしようと考えていました。以前に綺麗なルリビタキの写真が撮れた梓の森へ行こうか、イカルがたくさんいた満願寺へ行こうか迷っていました。でも、少し歩き回って探鳥するならふれあいの森の方が良いと思われました。
f0372177_11250777.jpg
場所選びで少し迷いましたが、出流ふれあいの森を散策していたところ、ルリビタキジョウビタキなどを観察できたほか、偶然にも近くの枝にこのマヒワが飛来してくれました。
f0372177_11251259.jpg
このふれあいの森へはこれまでも何回か足を運んでいますが、ここでマヒワを観察したのは初めてのことでした。予想もしていなかっただけに、見つけた時は一瞬、黄色い鳥?....キビタキ?....まさか、アッ、これはマヒワだと、私の頭の中で思考回路が迷走しました。
f0372177_11251456.jpg
止まった枝の上でジッとしていましたから、立木伝いに近寄って見たところ、10mくらいのところまで接近することが出来ました。でも、あまり近づきすぎるのもいけません。撮影するには、このくらいのところが丁度良いと思います。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2017-03-15 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
<< ふれあいの森にいたジョウビタキ ふれあいの森のホオジロ >>