渡り途中のエゾビタキ

f0372177_10363115.jpg
今私が仕事をしている業界の関連会社が創立35周年ということで、記念式典が開催されました。私も招かれて参加してきましたが、挙行された当日は夏の暑さがぶり返し、都内の気温が30度を越す夏日となりました。開催された場所が椿山荘だったわけですが、最寄りの江戸川橋の駅から歩いたところ、坂を登って10分くらい歩きましたから、会場に着くまでに、すっかり汗まみれになってしまいました。季節はもう秋に変わったからと油断していたら、とんでもない夏の暑さの逆襲に遭ってしまいました。
f0372177_10363588.jpg
この日の式典は、社長の知り合いという女性講談師が和服姿で司会をしていましたが、創業から現在に至るまでのビデオ映像が紹介された後、永年勤続社員に対する表彰が行われるなど、格調高い式典として開会しました。
f0372177_1036372.jpg
社長の挨拶の後、テレビにもよく顔が出ている政治家による乾杯で宴会が始まりましたが、女性芸人による傘回しなどの演芸や、落語家による一席披露など趣向を凝らした楽しい宴席となりました。
f0372177_1036983.jpg
私自身も、業界関係の数名の方と新たにお知り合いになれて、収穫のある宴会となりました。ご招待していただいた社長さんには、感謝を申し上げなければなりません。
f0372177_10362040.jpg
実のところ、お招きをいただきましたが、特に懇意にしていたわけでもありませんから、参加するかどうか迷っていたところもありました。実際、会場で見知った人は、ほんの数人しかいませんでした。でも、思い掛けない新しい出会いがあって、出掛けて良かったと思っています。
f0372177_10361434.jpg
さて、今回紹介しているのは、渡り途中のエゾビタキの写真になります。9月に入ってからは天候不順の日が続き、特に週末に雨が降ることが多かったので、野鳥写真の撮影に出掛けるチャンスに恵まれませんでした。
f0372177_10362564.jpg
でも、この時期を逃したら、渡り途中の小鳥達を撮影するタイミングを逃してしまいます。この日も、スッキリした天候ではありませんでしたが、とにかく出掛けてみないことには結果を出すことが出来ません。僅かなチャンスを狙ってみることにしました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-09-30 06:00 | 野鳥 | Comments(1)
Commented by 石倉英治 at 2016-10-01 17:29 x
パート2になってからも、いつも見ています。撮影機材からキャンプ用品、車の事までとても参考になります。今回は秦野にいらっしゃったようで、たばこ祭りの日でしたら私もおりました。また素晴らしい写真見せてください。
<< 水場のキビタキ 見沼自然公園で自然観察 >>