湯川のカワガラス

f0372177_23191782.jpg
先日、山友の車に乗せてもらって出掛けてくる機会がありました。ホンダの新型オデッセイだったのですが、新しい装備が色々付いていて驚かされてしまいました。彼の車はガソリン車ですが、ハイブリッド車であれば燃費が26km/ℓという、ミニバンクラスでは極めて優れた燃費性能です。運転をアシストする機能として、前に障害物があれば自動でブレーキをかけるのはもちろん、高速道路などで速度を一定に保ち走行するオートクルーズに加え、前車との距離を一定に保ちその後を追従する機能や、車線を外れそうになると警告する機能まで付いていました。便利になったものです。また、制限速度の標識などを読み取って、速度メーターの脇に表示する機能などもついていて、長距離の運転が楽になるとても魅力的な車でした。
f0372177_23192398.jpg
この車は7名乗車ということで、2列目はクレードルシートというキャプテンシートの形式になっています。おまけに、足下にはオットマンまでついていて、3列目の座席を床下に収納してしまえば、後方に下げてとても広大な室内空間の中で、足を延ばして寛げる構造になっていました。豪華な客室に滞在しているような気分でした。
f0372177_23193446.jpg
ハイブリッド車であれば、燃費が大変良いし、長距離の運転もそんなに疲れなくて済む車はとても魅力的です。娘夫妻に初孫ができたこともあって、先日カミさんが孫を連れて家族旅行に出かける時に、大勢乗れる車が欲しいと言っていたリクエストを満たすのにちょうど良い車であるように思えました。
f0372177_23192857.jpg
すぐにでも欲しくなるような車ですが、何といっても値段が高いです。軽く400万円を超してしまいますから、すぐに購入という訳にはいきません。カタログを貰ってきて、色々と思いを巡らせていますが、今の車の車検まであと1年ほどありますから、他にもっと良い車が発表されるかもしれません。ここはグッと堪えて、その時を待ってみることにしました。
f0372177_23193966.jpg
奥日光の湯ノ湖に溜まった水は、湯滝となって流れ落ち、戦場ヶ原を巡る湯川として竜頭の滝から中禅寺湖へと注ぎ込みます。その間の川沿いでは、カワガラスが活き活きと動き回る姿を観察することが出来ました。
f0372177_2319449.jpg
今年から新設された8月11日の〝山の日〟と土日を絡めて、夏休みを兼ねたプチ遠征で奥日光を訪れました。その湯川沿いで、間近にカワガラスの写真を撮影することが出来ましたから紹介したいと思います。
f0372177_2319919.jpg
時期的には、繁殖活動が終って若鳥が巣立っていたためだと思いますが、3個体が同じ場所で餌取りをしている状況を確認するなど、他のシーズンに比べて特に個体数が多いと感じました。今回は、カワガラスの写真ばかり1,000枚ちかく撮影する結果になりました。
[PR]
by coffeeto-p2 | 2016-08-28 06:00 | 野鳥 | Comments(1)
Commented by vinojapon at 2016-08-28 17:57
引き続き野鳥ブログを続けられるとのことで嬉しい限りです!
湯川で3個体のカワガラスを同じ場所で観察できるのは珍しいですね。
仰る通り若鳥なのか、何となく表情や動作があどけない感じがします。
奥日光は今年熊の目撃情報が多いようで、特に小田代はその中でも
よく見られているようですから単独での早朝探鳥は用心が必要ですね。
<< 奥日光で見た山野草~その1 川辺のアカハラ >>