間近に撮れたルリビタキ

f0372177_17573549.jpg
歯科治療のため2回目の通院となりました。歯の詰め物が取れてしまったので、はめ直してもらおうと思って通院たのですが、隙間があるということで、型を取り直して治療してもらうことになりました。2回目の今回は型を取ることになったのですが、事前に麻酔をかけて型を取るというのです。型を取るだけで麻酔が必要なのかと訝りながら診てもらったのですが、前回は女医先生でしたが今回は男の先生です。ちょっと心配だなと思っていると、最初に麻酔をかけられて暫く待合室で待たされました。麻酔が効いてくるとまた診療室に呼ばれて、ドリルで歯の穴をガリガリ削られてしまいました。麻酔なしではきっと耐えられないくらいの痛みが出たことでしょう。これで麻酔をかけてから型を取ると言われた理由がよく分かりました。
ドリルで削った後の歯の治療は、また女医先生が診てくれました。やっぱり女医先生の方が良いですね。(*⁰▿⁰*)
f0372177_17573708.jpg
次の診療予約は、1週間後の木曜日となりました。また、仕事を半日休むことになりますが、有給休暇を消化するには理由が明確で取りやすいですから、ちょうど良いですね。
f0372177_17573904.jpg
さて、今回紹介しているのはルリビタキの写真ですが、3月4日の土曜日に前橋市の嶺公園で撮影して来たものです。この前の週に栃木県の四季の森へ、セツブンソウの写真を撮りに行って来ましたが、春めいて来たとはいえ朝方の冷え込みはまだまだ厳しさが残っていました。
f0372177_17573313.jpg
嶺公園では予想以上にたくさんの野鳥写真を撮影することが出来ました。撮影した写真については、これまでカオジロガビチョウから始まってカケスアトリミヤマホオジロなどを日替わりで紹介して来ましたが、一応今回で最後になります。
f0372177_17574163.jpg
ところで、このルリビタキの写真ですが、嘴に何か咥えています。あまり大きく撮影出来なかったので良く分かりませんが、何本かの足が見えますから、昆虫か何かのように見えます。
f0372177_17574319.jpg
少しこちら向きに姿勢を変えてくれました。咥えている獲物はクモのようにも見えます。何であるかハッキリとは分かりませんが、寒い時期なのによくこんな獲物を見つけたものです。
f0372177_17573316.jpg
このルリビタキは♀タイプですが、♂の第一回冬羽はこの♀の羽衣と殆ど同じですから、雌雄の識別をするのは難しいですね。この辺りをよく飛び回っていましたが、遠くまで飛んでいきませんから、この辺りを縄張りにしているようです。
f0372177_17574636.jpg
苔生した切り株の上に止まりました。朝方の冷え込みが身に染みるような日でしたが、日向ぼっこも出来てとても気持ち良さそうです。私も間近から気持ち良く撮影させて貰いました。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-03-27 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

嶺公園でエナガが活き活き

f0372177_17504948.jpg
このブログへの書き込みは、事前に内容を作成しておいて予約投稿しています。今書き込んでいるのは3月23日の木曜日ですが、この記事がアップされるのは、3月26日の日曜日になる予定です。
この週末は雨の心配はなさそうですから、土曜日から1泊2日の日程で何処かでアウトドアライフを楽しんでいることと思います。(金曜日になって、雨の予想に変わりました。)今のところ珍鳥情報の連絡が飛んでこない限り、アズマイチゲやキクザキイチゲとともに咲き始めているであろうカタクリの花を見に行きたいと思っています。ザゼンソウはまだ間に合うでしょうか? 栃木県内でそんな山野草の写真を撮りながら、現地で車中泊をすれば時間に余裕が出来ますから、その近くのヤマセミが観察できるポイントにも立ち寄ってくることが出来そうです。
その結果はどうなるでしょうか? 楽しみ、楽しみ....結果はまた、このブログで紹介します。
f0372177_17503993.jpg
さて、今回紹介するのは公園で活き活きと動き回っていたエナガの写真です。ジュリジュリと鳴き交わしながら、群れで飛来してくれました。春の訪れとともに、鳥達の動きも軽快になってきたように思います。
f0372177_17503947.jpg
撮影したのは前橋市の嶺公園ですが、都内から行くと、日帰りでは余りゆっくり観察してこれません。この日も近くの温泉施設のある道の駅で車中泊をしてきましたから、他の観察ポイントも抱き合わせで立ち寄ってくることが出来ました。
f0372177_17504952.jpg
ただ残念だったのは、レンジャクが見られるポイントで空振ってしまったことですが、この公園ではアトリミヤマホオジロをはじめ、ルリビタキカケスカオジロガビチョウなどなどたくさんの野鳥写真を撮ることが出来ましたから、帳尻を合わせることが出来ました。
f0372177_17504438.jpg
さて、今回紹介しているエナガですが、少し濁った声でジュリジュリと鳴き交わしながら飛び回っていますから、声を聞いただけで近くに来ていることが分かります。見つけやすいのですが、動きがチョコチョコと忙しいので、撮影するには苦労しました。
f0372177_17504409.jpg
エナガの名前の由来になっているのは、柄杓の柄(え)のような長い尻尾を持っているところですが、小さい体もピンポン球のように丸っこくて、愛らしい容姿をしていますね。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-03-26 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

公園にはヤマガラも

f0372177_17110367.jpg
3月21日の都内は、一日中冷たい雨が降り続きましたが、家に帰ってニュースを見ていたら、この日都内の靖国神社境内にある標準木のソメイヨシノの木で、サクラが開花したということでした。去年と同じ日に開花宣言が出されたようですが、平年より5日早い開花ということでした。出来れば晴れ渡った青空の下で咲いてくれたら良かったのに、冷たい雨の日の開花宣言では少し残念な感じです。それでも、サクラの開花宣言は春本番が到来したことを告げてくれているようで、気持ちはウキウキしてきます。
今年のサクラの見頃は4月まで続くと言っていましたから、比較的長い間花見を楽しむことが出来そうです。さて、この週末はどこへ出掛けましょか? 天気も良さそうですから、咲き始めたばかりのサクラを愛でながら、野鳥観察に山野草観察にと思いは尽きません。
f0372177_17112834.jpg
この時期の野山は、一気に賑やかになってきます。どこへ行っても華やかな山野草が目に付くようになるし、夏鳥たちもそろそろ渡って来てくれることでしょう。気持ちは既にフィールドへ飛んでいます。
f0372177_17110372.jpg
今回紹介しているのは、3月4日の土曜日に、前橋市の嶺公園で撮影してきたヤマガラの写真です。この公園は、前回紹介したシジュウカラともども、カラ類の混群と遭遇する機会が多く、間近から撮影することが出来ました。
f0372177_17122888.jpg
野鳥の個体数も比較的多い場所であると思います。お弁当を持ってのんびり散策している間に、随分たくさんの野鳥写真を撮影することが出来ました。このヤマガラも、群れを作って何度も姿を見せてくれました。
f0372177_17113028.jpg
この日も撮影に使用した機材はオリンパスのE-M1mkⅡ + M.300mmF4 + MC-14 という組み合わせでした。小型軽量で6.5段分の手振れ補正が効きますから、散策しながら野鳥写真を撮影するには、うってつけの機材になります。特に動きの早いカラ類の撮影には手持ち対応できるところが嬉しくて常用しています。
f0372177_17113427.jpg
ヤマガラの羽衣をみると、黒い頭で頬は淡いクリーム色ですが、背面は青灰色、お腹はオレンジ色とカラ類の中でもカラフルな装いをしています。近くに出てくれたら、撮影したくなる対象です。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-03-25 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

公園のシジュウカラ

f0372177_18263303.jpg
歯医者で歯の治療をしてもらうのは、もう何年振りのことでしょうか? 日曜日に山登りをしてこようと早朝に自宅を出発し、運転しながらオニギリを食べていたらガリッと異物が歯に当たりました。直ぐに出して見たところ、歯の詰め物が取れていたのです。その治療に歯医者の予約をして、外れた詰め物を付け直してもらおうと思いましたが、一部隙間ができているので新たに詰め直す必要があるようです。そのうえ、歯がすり減っているため、このままでは歯にしみて痛くなってしまうとのことです。どうやら寝ている間に歯ぎしりをして、それで歯が削れてしまったようなのです。マウスピースを装着することも勧められましたが、全て治療してもらうには、しばらく時間が掛かりそうです。
ちゃんと治療しないで後から痛い目にあうのは嫌ですが、カミさんの勧めで行った歯科医院にはよく見てくれる親切な女医さんがいるので、ここでじっくり治療してもらうことにしました。
f0372177_18264787.jpg
しばらくは歯科医院通いが続くと思いますが、半日休みをもらって通院すれば、それも気分転換になって良いかもしれません。焦らずにしっかり治療してもらうことにします。
f0372177_18263926.jpg
さて、今回紹介するのは、3月4日の土曜日に前橋市の嶺公園で撮影してきたシジュウカラの写真になります。この公園にはシジュウカラを始めとしたカラ類や、エナガなどがたくさんいましたから、撮影対象を探す手間が省けました。
f0372177_18264279.jpg
公園内の散策路を歩いていると、シジュウカラの群れが地面に降りていました。この辺りにはきっと餌となる木の実か、植物の種子がたくさん拾えるのでしょう。とても近くから撮影していても、警戒して飛び去ることがありません。
f0372177_18264515.jpg
地面に降りていた個体が飛び上がって直ぐ近くの枝に止まりました。そしてまた餌を拾うために地面に降ります。そんな様子を何回も観察することが出来ました。
f0372177_18263670.jpg
散策路脇の案内標識の上にも止まります。十数羽のシジュウカラたちは、お互いの位置を確認するように飛び交いながら、やがて林の奥へと飛び去って行きました。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-03-24 06:00 | 野鳥 | Comments(0)

日影沢のハナネコノメ

f0372177_18163942.jpg
三連休が明けた翌日は、都内では雨模様となり一日中雨が降り続く天候となってしまいました。三連休の間はお天気に恵まれましたから、その点では文句はないのですが、それでも雨の日は憂鬱な気分になってしまいます。特にこの連休中は、コンビニで買ったオニギリを食べていた時、歯の詰め物が取れてしまい、治療のために歯医者へ行かなければなりませんから、余計に憂鬱な気分です。
オニギリを食べていた時、ガリッと噛んだものがあって、石か何かが入っていたのかと思いました。直ぐに出して見たら歯の詰め物のようです。まさか自分の歯から外れたとは思いませんから、これはクレームものだと思いました。でも、自分の歯から外れたものと分かって、直ぐにお店に行かなくて良かったと、笑い話のような状況でした。
f0372177_18162727.jpg
さて、今回紹介しているのはとても可愛らしいハナネコノメの花です。春先に咲く花の中でも、特に可愛らしいこの花を見たくて、ここ数年毎年のように足を運んでいます。一昨年行った時には、花期の盛りを過ぎて終わり頃になってしまいましたから、今年は咲きはじめたら直ぐに行こうと手ぐすねを引いて待ち構えていました。
f0372177_18163703.jpg
ネット情報を頼りに、3月11日の土曜日に毎年足を運んでいる、裏高尾の日影沢へ行って見たところ、今年はドンピシャりのタイミングでお目当のハナネコノメの大群落と遭遇することが出来ました。
f0372177_18162173.jpg
ハナネコノメは花の大きさが数ミリほどのとても小さい花ですが、白い花弁の中に赤い葯が並んでいて、それを写真に撮ると緑色の葉の中に綺麗に浮かび上がってくれます。
f0372177_18162511.jpg
今年はハナネコノメが咲きはじめたとの情報を見て、早めに足を運んだのが良かったと思います。まさに満開のピーク直前の様子を見ることが出来ました。訪れる人もとてもたくさんいて、静かな渓谷がこの時だけは混雑します。
f0372177_18163054.jpg
満開のピーク直前に撮影できたのは良かったのですが、他の山野草はまだちょっと早かったようでほとんど咲いていません。一昨年観察した時は、ハナネコノメはピークを過ぎていましたが、日影沢の山野草はちょうど見頃だったように思います。
f0372177_18163414.jpg
この日の日影沢は、一面ハナネコノメの見事な群生が花開き、とても見応えのある眺めでした。ネットで情報を拾ってみると、近くの木下沢(こげさわ)にも咲いているとありました。この後、木下沢から景信山へ登る登山コースを歩いてきましたから、その様子はまたこのブログで紹介することにします。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-03-23 06:00 | 植物 | Comments(0)