谷津干潟のセイタカシギ

f0372177_22225953.jpg
これからの冬の時期、野鳥観察に被っていく帽子が欲しくなりました。昨年まではウールツィードの帽子を愛用していましたが、冬用はこれ一つだけでしたから、気分を変える意味でも、もう一つ揃えておこうと思ったわけです。これまでアウトドア用品は、全てモンベルストアで調達していましたから、今回もほかのブランドに浮気することなく、いつも行くモンベルのお店に足を運んできました。帽子のコーナーには、たくさんの種類が並んでいましたが、野鳥観察でも写真撮影でも、カメラや双眼鏡を覗き込む時に、庇が邪魔にならないものであることが重要な選択条件です。その上で、冬の間は暖かくて見てくれも良いものが欲しいと思います。いくつか見ているうちに、クリマプロハットという全縁の、内側に耳当ての付いているものを見つけました。冷たい風が吹いて冷え込んでも、耳を暖かく覆ってくれることでしょう。こんなタイプの帽子は今まで使ったことがありません。この冬は、これを被ってフィールドへ繰り出して見たいと思います。
f0372177_22223775.jpg
全縁のハット型帽子ですから、強い風が吹いた時に飛ばされる恐れがあります。それで、飛ばされ防止のためハットストラップ(顎紐)も同色系で揃いのものを購入してきました。
f0372177_22224215.jpg
帽子ひとつでも、新しいアイテムが増えるとそれだけで、フィールドワークが楽しみになります。早く出かけて見たいところですが、せっかくの週末が天候や仕事との兼ね合いで、思い通りにいかないところが困りものです。
f0372177_22223393.jpg
さて、今回紹介しているのは、谷津干潟で撮影したセイタカシギの写真です。11月4日(土)に、三番瀬(船橋海浜公園)へ出掛けた時に、午後から足を運んでみたところ、6〜7羽の個体が確認できました。
f0372177_22230639.jpg
私がバードウォッチングを始めた頃は、先輩からセイタカシギは以前は珍鳥だったという話を聞いていましたが、今では普通に観察できる野鳥になりました。そんな意味では、三番瀬のミヤコドリも同じことが言えると思います。
f0372177_22230952.jpg
今回撮影に使用した機材は、オリンパス E- M1 + 300mm F2.8 + EC-20 という組み合わせです。フォーサーズ規格ですから2倍のテレコン使用で、換算1,200mmの焦点距離になります。遠くの野鳥も引き寄せて撮影できますが、次第に重量が身に堪えるようになってきました。
[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-11-20 06:00 | 自然 | Comments(0)

谷津干潟のカモ達

f0372177_22210087.jpg
朝夕の冷え込みが募り、すっかり冬めいた陽気になって来ました。地下鉄の駅構内や電車の中は、エアコンがよく効いていますから、寒くはなくて快適です。でも、仕事帰りに30分のウォーキングをして駅構内に入ると、体が火照っていますから、途端に汗が出てきます。冷えた体にはちょうど良い空調になっていますが、毎日のウォーキングを日課にしていると、これが逆にアダになって、電車の中では上着を脱いで汗を拭っていることになります。周りの人が見たら、ちょっとおかしな人だと思われるかもしれません。そんな通勤風景が、これから暫くは続くことになると思います。第二の職場ですが仕事をしている間は、そんなウォーキングを欠かさずに続けていきたいと思います。
f0372177_22210446.jpg
今回紹介しているのは、谷津干潟で撮影したカモ類の写真ですが、この書き込みも、そんな仕事帰りの通勤電車の中で打ち込んでいます。
さて、このカモはハシビロガモです。エクリプスの状態から冬羽への換羽途中の個体です。足を上げて頭を描く仕草を見せてくれましたが、よく見ると脚環が付けられています。どこで装着されたものなのでしょうか?
f0372177_22210800.jpg
こちらは頭部に緑色がありません。くちばしは完全な黒色ではなく、ややオレンジ色がかっていますから、ハシビロガモの♀の個体のようにも思えます。しかし、背面に黒褐色の羽が出ているところは♂の若い個体になるのでしょうか。
f0372177_22211234.jpg
ヒドリガモも何羽か姿を見せてくれました。前額部から頭部にかけて黄色い羽が出ている左側の個体が♂で右側の個体は♀であることが分かります。ピーッという口笛のような鳴き声は独特ですね。
f0372177_22211589.jpg
最後に紹介するのはホシハジロです。こちらの個体もエクリプスの羽が若干残っているようで、完全な冬羽ではありませんが、頭部の赤みが強く出ていて、背面が白っぽい配色ですから、♂の個体であることが分かります。
f0372177_22211800.jpg
こちらは同じホシハジロですが、♀の個体になります。頭部には♂に見られるような赤味がありません。また背面には茶褐色の羽がより多く出ていて、♂とは異なる雰囲気を持った羽衣となっています。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-11-19 06:00 | 自然 | Comments(0)

谷津干潟のイソシギ

f0372177_23162381.jpg
来週末には、ステップワゴン・ハイブリッドが納車になる予定です。発注してから2ヶ月近くも待たされましたから、本当に首が長くなる思いでした。この車には1,500WのAC電源が搭載されていますから、これから車中泊に出掛ける時には大変使い勝手が良くなると期待しています。寒い時期を快適に乗り切るために、FFヒーターを別に取付けようかと考えていましたが、発電専用のモーターが積載されていて、アイドリング・ストップ機能もありますから、トイレなどに置く小型のセラミックヒーターがあれば、十分ではないかと思っています。それが可能ならば、厳冬期の車中泊も全く苦にならない、快適な環境が実現できそうです。電子レンジや電気ポットも使えるようになれば、もう自宅にいるのと同じですから、まだ行ったことのない各地の探鳥地を目指して、遠出することも可能でしょう。実際に車が来てみないと使い勝手は確認できませんが、今からどんな車中泊グッズを揃えようかと、考えるのが楽しみになりました。
f0372177_23162712.jpg
車中泊グッズを検討している中で、来年の暑いシーズンを想定して、氷も出来る冷蔵庫も欲しくなりました。今は6面真空構造壁のクーラーボックスを使っていますが、車中泊の途中で氷を作ることが出来れば、これはもう鬼に金棒です。
f0372177_23163830.jpg
家電製品を買い揃えるより前に、まず用意しなければならないのは、窓を覆ってくれるシェードです。ネットショップを探して見ると、車中泊用のカーテンやシェードが色々と紹介されています。この中から車に適合していて、保温性能が高いものを選びたいと思います。もう一つのポイントとして、車中泊をすると窓ガラスに着く水滴はかなりの量になりますから、撥水性の素材であることも選択の条件になります。
f0372177_23163172.jpg
さて、話を本題に戻して、今回紹介するのはイソシギの写真です。11月4日(土)にシギチの写真を撮ろうと三番瀬(船橋海浜公園)へ出掛けたあと、午後から立ち寄った谷津干潟で撮影したものです。
f0372177_23164284.jpg
谷津干潟に到着した時は、センターの近くの道路が工事中で人影もまばらでした。シーズンオフだからシギチは余り期待できないかと、少し肩を落としながら干潟を覗いてみたのですが、間も無くこのイソシギが飛来して撮影対象になってくれました。
f0372177_23164553.jpg
谷津干潟の中を覗いてみたところ、少数のカモ類やサギ類が観察できるばかりでしたが、よく探してみるとトウネンハマシギセイタカシギなどのシギチ類も確認できました。今回は、まだ紹介していなかったイソシギの写真を紹介しています。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-11-18 06:00 | 自然 | Comments(0)

アオサギとダイサギ

f0372177_23123921.jpg
うちの息子が突然、グアムへ行くと言って出掛けてきました。格安ツアーを見つけてきたと言うのです。もう30歳になるのにいまだに結婚もせず、我が家で居候生活を謳歌しています。仕事をしながら英会話の教室にも通っていると言うことですが、我が家にいれば家賃も食費もかからず、自由気ままな生活をしていて、呑気なものだと思います。親子でも余り会話をする時間がないのでよく分かりませんが、本人はどう考えているのでしょうか? その息子がグアムへ行くと言うのも、今に始まったことではありませんから、特に驚くことではありませんが、彼なりに人生を楽しんでいるようです。その息子が土産にビーフジャーキーを買ってきてくれました。毎日晩酌をする私のため、気を使ってくれたようです。嬉しいものですから、長く味わうことができるように、毎日少しづつ頂くことにしました。
f0372177_23125734.jpg
さてそのビーフジャーキーですが、味が普通のものとは異なっていて、何だか甘みがあります。袋には英語表記しかありませんが、黄色い字で “TERIYAKI” と表記がありました。なるほど、ビーフジャーキーにも和風味のものが作られるようになった訳ですね。
f0372177_23125363.jpg
そのビーフジャーキーをつまみにウィスキーを飲んでいると、愛犬チョコちゃんが匂いにつられたようで、尻尾を振ってすり寄ってきました。カケラを少し与えてやると美味そうに食べています。これはチョコちゃんにも良いお土産になったようです。
f0372177_23130236.jpg
さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回紹介しているのは谷津干潟で撮影したダイサギとアオサギの写真です。11月4日(土)に三番瀬へ出掛けてきました。午後から谷津干潟にも立ち寄ってみましたが、水の中に佇むスッキリとしたサギの姿が印象的でした。
f0372177_23130839.jpg
お天気に恵まれたこの日、谷津干潟の広い水面の中には、たくさんの野鳥達の姿が見えました。ダイサギはいつでも見られますから、余り撮影対象にはなりませんが、順光線の中に佇んでいたダイサギの姿は、特に目を惹く存在でした。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-11-17 06:00 | 自然 | Comments(0)

谷津干潟のトウネン

f0372177_22585430.jpg
街中を歩く人の姿を見ると、コートやダウンのジャケットなどを着用している人の姿が目立つようになりました。今年の冬は、いつもの年より寒くなるのが早いのでしょうか、随分早い時期から冬支度の人が目立つようになったと思います。そう言う私も、かなり前からウィンドブレーカーを着用していますし、昨日からは出勤時に手袋をはめて家を出るようになりました。思えば秋口に天候不順の日が続き、日本列島に寒気が襲来していました。この冬の天候を予感させるものですが、この先どんな変化が現れるでしょうか。通勤電車の窓から外を見ていたら、荒川鉄橋を渡る時、カモ類やユリカモメの群れがいくつか見られました。野鳥の世界では、既に冬鳥たちが渡来しています。この冬が厳冬となり大雪などが降らなければ良いのですが、天気の変化は神のみぞ知るところなのでしょう。
f0372177_22590289.jpg
それにしても、異常気象が続いている昨今ですから、この冬に大雪の被害が出てもおかしくはないと思います。都内に大雪が降れば、交通が麻痺して仕事も生活も成り立たなくなってしまう事でしょう。そうならない事を願うばかりです。
f0372177_22591168.jpg
さて、今回紹介しているのは、谷津干潟で撮影したトウネンの写真です。行ってきたのは11月4日のことでしたから、越冬する個体ばかりであろうと思っていたのですが、渡り途中のトウネンがまだ残っていたことに驚いてしまいました。
f0372177_22591929.jpg
谷津干潟にはオナガガモやヒドリガモがやって来て、干潟の中を歩き回ったり、水路を泳ぎ回っていました。その中にたくさんのトウネンの群れが観察できるとは、予想もしていなかっただけに、撮影出来てとても得した気分になりました。
f0372177_22592363.jpg
シギチの成鳥達は、繁殖活動が終わる盛夏の頃には、早々と越冬地へ向けて渡って行きます。今頃渡り途中にあるトウネン達は、今年生まれたばかりの若鳥が群れを作っているものでしょう。
f0372177_22592773.jpg
実際、背面の各羽を見ると、白っぽい羽縁が目立ちます。これにより、今年生まれの若鳥であることが分かります。トウネン達は、親に導かれることなく、自分達だけで越冬地へと渡って行くわけですが、本能の成せる技とはいえ、ただただ感心させられるばかりです。

[PR]
# by coffeeto-p2 | 2017-11-16 06:00 | 自然 | Comments(0)